アルソックVSセコム軍配が上がるのはどちら!?

シェアを伸ばしているアルソックですが、業界最大手セコムと比べてどんな違いがあるのでしょうか?両会社の広告を見てもどちらもうちが一番良いような書き方をしていますが、両社違いがある部分とさほど違わない部分とがあるのです。

 

2社の相違点

料金が圧倒的に違う

これはとっても大きな違いです。月額料金、初期費用、保障料金、工事費用、どれをとってもアルソックが愕然安いのです。

 

例えば一戸建て(4LDK)に住んでいて月々にかかる月額料金ですと・・・
セコムは10080円  
アルソックは4851円

 

驚きの半額以下です。

 

最初にかかる機器設置の工事代ですが
セコムは77700円
アルソックは39900円

 

これまたほぼ半額です。同じ業界でほぼ同じサービスを展開していてこれほどの金額の差があるのはあまり例を見ません。

 

付加サービスが違う

上記の料金の違いがなぜあるのかというとこの付加サービスが違うからです。ではセコムがどんな付加サービスかというと、急病のときには医者が来るとか、子供が一人のときの専用サービスとか、金銭や物品の盗難にあった際は保障してくれるなどです。しかし実際にどれ程の人が付加サービスの益を受けるのでしょうか?倍までの額を出して、付加的な保証もつけたいかは個人の判断です。

 

2社ともにあまり変わらない部分

緊急対処拠点の多さ

セコムは全国に2800箇所、アルソックは2100箇所の緊急対処拠点を持っています。大差ではありません。要は自分の家からどちらの会社の緊急対処拠点が近いのかという点です。

 

ガードマンの質

どちらも頑強なガードマンで、礼儀正しいとの評判です。

 

出動料金は無料

この両社ともに良心的です。その他の多くの会社は出動ごとに料金を取られますので、泥棒が強盗未遂を行なうたびに料金が発生してしまいます。


このページの先頭へ戻る